TOP > グラナダTV

タグ:グラナダTV の記事一覧

| |

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.01

「入院患者」/グラナダTV版ホームズ についてちょっとだけ。

ひとりで盛り上がって勢いで鑑賞したグラナダTV版シャーロック・ホームズの「入院患者」について。

ホームズの鮮やかな推理が堪能できる素晴らしい作品。

大好きな作品です。


グラナダ版はホームズとワトスンの呼吸がぴったりしていて、そこがいいですよねー。
偏屈ホームズがかわいく見えてしまうから不思議。
この「入院患者」も2人の息ピッタリな良い場面があちこちにちりばめられていて、最初から最後までワクワクして見てしまいます。




だけどなぜか私がグラナダ版の「入院患者」で真っ先に思い出すのは




汗だくのミスター・ブレッシントン


顔周りのお肉がたっぷりなミスター・ブレッシントン


せまる危機にビビりまくりのミスター・ブレッシントン




と、ブレッシントン役のPatrick Newellさんばかりだったりする(笑)


私はブレッシントンさんに感謝しているんです。
ブレッシントンさんの印象が強すぎて、忘れっぽい私はワトスンとホームズのやりとりを忘れてしまうんです。
このたびは、めでたくニコラス・クレイさんも強烈な印象を私に与えてくれましたので(笑)、ますます忘れそう。


おかげさまで毎回新鮮な気持ちで見ることができます♪




さて鑑賞記というほどでもない、感想をちょっとだけ。

あ、例によってネタバレです。
スポンサーサイト
COMMENT(0) | Jeremy Brett 関連 | EDIT

2009.12.05

茶色→黒

映像化された中で記憶に残っているホームズ。
(ちなみに我が記憶力はカナリアヤシイ)


まずは犬のホームズ。


たしか少年時代のホームズの映画があったような…と思って探したら、あった。
たぶんこれだ。




子供の頃に見たにもかかわらず、ホームズのイメージが違っていて、
ちょっと残念だったような気がする。




子供の頃のホームズのイメージは、

とにかく天才
記憶力が驚異的
男らしくて活発
女性にやさしい


のような、ある意味スーパーマン的な人を想像していた。

チェック柄、ディアストーカー、パイプ。
カラーは茶色。




その後原作を読み、シドニー・パジェットの挿絵のホームズにちょっと衝撃。


  pgholmes



想像よりおぢさまだった。








ホームズ=若いと思い込んでいたのだった。
ま、すぐ慣れて、やっぱりかっこいいなあ、と思うようになった。



そしてついに出会ったグラナダホームズ。





              holmesrp





ホームズ黒っ!(衣装が)


黒とかグレーとかばかり。茶色じゃないのね。

でっかいパイプ使わないし。
チェック柄着ないし。

天才というより神経質。プライド高くて繊細。


子供の頃のイメージが強かったので、これが本来のホームズなのだな、と
思うにはちょいと時間がかかったですよ。


しかし原作を読み返し、グラナダホームズを見ると
これこそ挿絵通りのホームズではないか?と思うようになりました。


そしてジェレミーに惚れちまいました…
COMMENT(0) | 独り言 | EDIT
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。