TOP > 2009年12月

2009年12月 の記事一覧

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.28

水木しげる「神秘家列伝」

神秘家列伝 (角川ソフィア文庫)




ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんが国内外の「神秘家」を取り上げた漫画です。

其ノ壱~其ノ四まで出ているうち、其ノ弐でコナン・ドイルを取り上げています。
表紙は妖精をバックに、鼻息も荒いドイル氏です。

コナン・ドイルの一生が水木さんの筆で描かれます。
ホームズ&ワトスンの生みの親:作家としてよりも、神秘的なものを信じ心霊研究家として生きたドイルに焦点を当てています。

降霊会の様子や妖精の写真が出てきて、怪しげな雰囲気が漂う画面。なのに擬音が

「ビビビビビン」
「ゴニョゴニョゴニョゴニョ」
「ポアー」

といった具合で深刻すぎないのがいい。
途中水木さんご本人が登場して解説してくださったりします。
飽きることなく楽しんで読めます。



ドイルのほかには安倍晴明、長南年恵、宮武外骨といった神秘家(もしくは奇人?)の列伝が収録されています。
どれも興味深くて面白い!です。


この方の作品を読んでいると、説明のできない「何か」は実際に存在しているのかも?と思ってしまう。
不思議なことがあっても、変わった人がいても、すんなり受け入れられるようになってしまう。
それが水木ワールド。


水木さんの「異」なもの・者へ向けるまなざしは愛情に溢れています。
怖い・不思議。だから好き。

スポンサーサイト
COMMENT(0) | TRACKBACKS(0) | よむ/みる/きく | EDIT

2009.12.27

Svengali(1954)届きました

一人で大騒ぎしていた「Svengali」ですが、Amazon.comから
クリスマスに届きました。

Svengali.jpg


私は間違って3本パックのDVDを買ってしまいましたが、単品のDVD(リージョン1UK版リージョン2)もあります。
届いたので早速視聴。
リージョン1とのことでしたが、ジャケットの裏には「REGION/ALL」の文字が。
PCで普通に見られたことは、よかった。



原作はジョルジュ・デュ・モーリア。(「レベッカ」の作者ダフネ・デュ・モーリアのお祖父さんにあたります)
ロマンス&ホラーもの?のようです。
スヴェンガリは美しい女性に恋をします。女性は他の男性と恋に落ちるのですが、スヴェンガリは女性を我が物にするために妖術を使います。女性は声が悪いのですが、妖術によって美しい声になりオペラ歌手にされてしまいます。彼女を巡って恋人とスヴェンガリがたたかう・・・ようです。


・・・まだほんの最初の方しか見ていないのですが(汗)、あまりにもジェレミーがかわいいのでご報告。


※あらすじはgoo映画の「魔人スヴェンガリ(1954)」にあります。(結末まで書いてありますのでご注意下さい)









ジェレミーは画学生の一人として出演しているという事です。
goo映画では1954年となっていますがDVDの特典のフォトギャラリーにあったチラシ?によると「1955年リリース」となっています。なので、ジェレミー20~22歳?



では、以下画像です。



ジェレミーは本当に華があります。自然に目が行ってしまいます。
なのですぐわかりました。
Svengali00.jpg


Svengali02.jpg
襟元の大きなリボン結びが、いかにも学生さん。それがまた似合っていてかわいいー


ジェレミーに微妙にピントが合っていませんが、薔薇色の頬をしています。
Svengali04.jpg


ちょっと声が低く聞こえる??

思ったよりも大写しでしたし、セリフもあるし、(大勢の中だけど)歌っているし!

のせていませんが、実はニコニコしているジェレミーのアップもあるんです!
演技というよりは、楽しい場面と雰囲気で自然に笑顔になっているように見えました。

が、端の方に立っているためジェレミーにピントが合っていないんです。
ジェレミーにちゃんとピント合わせてくださいよー 監督、頼みますよぅ。


DVDを見て、四隅が暗くなってしまっていますが思ったよりも画面がきれいだと感じました。
私はVHS版を見たことがないのですが、いかがでしょうか。
確かに出演は短時間でしたが、キラキラしてかわいいジェレミーを見る事が出来て、大満足♪



後日、最後まで見る予定(汗)
ジョン・バリモア主演の1931年版スヴェンガリが特典として入っているので、見比べてみようと思います。
取り急ぎ、ご報告でした。


追記:
最後まで見ました。この場面の後もう一度ジェレミーが出てました。(ただしほんの一瞬)
全体を通して、本当に短時間の出演でした。

スヴェンガリの偏執的な愛情は正直キモチワルイです。
スヴェンガリとずっと行動をともにしていたゲッコ。意外にいい人。
ヒロインのトリルビィはかわいそうでした。救いのあるラストでよかった
COMMENT(3) | TRACKBACKS(0) | Jeremy Brett 関連 | EDIT

はじめまして! by葉月
はじめまして!りえさんのブログからお邪魔しました。素敵なブログですね!!これからも更新楽しみにしています♪♪♪

「Svengali」は存じませんでした。ジェレミー素敵ですね。ピントがあっていなくても(笑)十二分にキュートです!!本当にたちたちさんのおっしゃるとおり自然に目が行ってしまいます♪

実は私もグラナダさんのブログをやっているんです。初めての書き込みであつかましいのですが、よろしかったらリンクさせていただけませんか?

またお邪魔させていただきますね。よいお年をお過ごしください!!

コメントありがとうございます byたちたち
葉月さん、初めまして!
拙ブログにお越しくださりありがとうございます(^^)

「Svengali」のジェレミーはキュートですよね~!ジェレミーのかわいさを葉月さんと共有できて、とても嬉しいです♪♪

葉月さんのブログ、実は以前から楽しく拝見させていただいておりました。こちらこそリンクさせていただきたいと申し上げるところを(><;)
ありがたいです~ぜひリンクさせてください!

よいお年をおすごしください♪
そして来年もよろしくお願いいたします(^▽^)

あけましておめでとうございます! by葉月
さっそくお返事いただけてうれしいです♪リンク許可ありがとうございます!!
しかも私のブログともリンクしていただけるなんて!うれしいです!ありがとうございます♪♪♪こちらこそマイペースなブログで恐縮ですが、よろしくお願いします!

たちたちさんにとって2010年が良い年となりますように。
今年もよろしくお願いします!

コメントを閉じる▲

2009.12.27

1月2日「マイ・フェア・レディ」

「マイ・フェア・レディ」が放送されるんですね。

2010年1月2日(土)
午後9時~午後11時55分
NHK-BS2 衛星映画劇場

NHK BSオンライン



いいお正月になりそう~

COMMENT(0) | 独り言 | EDIT

2009.12.26

画像その2/The Wild And Willing(1962)より

昨日はクリスマスでした。よきクリスマスを過ごされましたでしょうか。
私も「青い紅玉」を見ました。 ←恒例行事ですねー



では、「The Wild And Willing」(1962)より後半です。


DVDを見て気づいたこと。

・煙草を吸うときのしぐさが美しい
・ドアを閉める時の指が美しい
・ホームズを彷彿とさせる動きが一瞬みられる
・要所要所で目力を発揮
・殴られっぷりがリアルで辛い(ひいい)


サムネイル表示しておりますので、クリックすると拡大します。


 
COMMENT(0) | Jeremy Brett 関連 | EDIT

2009.12.23

画像1/The Wild And Willing(1962)より

うーんな印象だった「The Wild And Willing」ですが、きっと私の英語力が問題なんだなぁ。
細かい内容がもっとわかれば、印象が変わるかもしれません。

この映画は1962年公開ですからジェレミーは29歳くらいです。三十路に近いとは思えない。とても若く見えます。
この作品のジェレミーは、キラキラして本当に美しいです。青年のかわいいところもあり、大人の男性のかっこよさもあり、そこがなんともいえません。
ストーリー的には損な役回りのジェレミーですが、悪者になりきっているジェレミーもいいなあと思う私。
ちょっと冷めているというか、上から目線な感じが個人的にはツボです。

では、先日届きましたDVDの話。
Ian Mcshane主演の「Sky West And Crooked」と2本立てになっています。リージョンコードが2だったのですんなりパソコンで見ることがました。


JBWWilling01.jpg

白黒です。


ジェレミーは素敵です!


ジェレミーしか見ていないので他の方はわかりません…
以下、輝くジェレミー(前半)をお送りします。画像が多いので重たいかもしれません。


サムネイル表示にしてみました。クリックしてご覧ください。
お詫び:ブレブレなのは私の腕が悪いからです。申し訳ありません <(_ _)>

COMMENT(0) | Jeremy Brett 関連 | EDIT
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。