TOP > 2010年02月

2010年02月 の記事一覧

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.28

映像化された『レベッカ』①ヒッチコックの映画(1940)

Tag [レベッカ]
先日『レベッカ』が発表された時代について調べましたと書いたのですが、
ちょっと収拾つかなくなってしまったので(汗)先に鑑賞記をアップしようと思います。


これから鑑賞するのは3つの『レベッカ』です。
ヒッチコックによる1940年の映画、
1979年のイギリスBBC制作のTVドラマ、
そして1997年のCarlton Television(ITV)制作のTVドラマ。

みごとに違いますね~ 当たり前だけど。
非常に興味深い。


同じ作品でも、描かれ方が違うと随分違う作品になるものだなーと改めて思いました。

そして、味わいの違う見比べは大変有意義なものとなりました。


3作品それぞれの印象は、以下の通りです。
ヒッチコック版はドラマチックかつスリリング。原作を知らなくても十分楽しめます。安心して見られます。
BBC版は3作品の中では一番地味かも。しかし最も深い感動があった作品でもあります。ヒッチコック版とは違う怖さ。ジェレミーの熱演が見られます♪
ITV版は異色ですね…現代版?原作を知らない方が楽しめるかもしれないです。

どの作品も、原作を知っていた方がより楽しめると思います。


今回は1940年の映画『レベッカ』についてです。
Rebecca40-01.jpg


この作品はヒッチコック作品の映画ですので、ご覧になったことのある方が多いと思います。現在でもレンタルや廉価DVDで比較的手軽に見られます。
私が鑑賞したDVDは、廉価版です。近所のホームセンターのワゴンセールで購入(汗)
安いので…オープニングちょっと切れてました(泣)

動画ではこちらから見ることができます。(ただし字幕はなし)

活字情報はこちら。
レベッカ(映画)(日本語版ウィキペディア、制作裏話が載っています)
Rebecca (1940) (Alfred Hitchcock Wiki、英語ですが情報量豊富。画像もたくさん) 


まず見終わっての感想は…
すごいわ~ でした。
3作品の『レベッカ』の中で一番短いのに、
内容が濃いです!

130分位の時間の中によくぞここまでまとめて下さいました、と拍手してしまった。
詰め込み感は全くなく、むしろドラマティックでスムーズな物語の進行。
原作の雰囲気はそのままに映像化されています。
展開・セリフはおおむね原作通り。省略している部分が別の場面でさりげなく入れられているし、原作にない場面もあるけれど、逆に効果的で違和感なく感じられてしまうあたりはさすがだなあと思います。
原作を知らなくても十分に楽しめます♪
アカデミー賞最優秀作品賞と撮影賞(黒白部門)受賞作品です。
スポンサーサイト
COMMENT(2) | TRACKBACKS(0) | よむ/みる/きく | EDIT

No subject byちび
レベッカ、観ましたよ! 一昨日、廉価版で^^
哀愁・ふるさと物語・レベッカ3枚組み990円@@
原作を買ってからと思っていたのですが、閉店セールのありえない安さに迷わず購入しました^^

見てよかったです。マンダレイという言葉は一生忘れません。
家政婦さん、怖すぎます。
海辺の小屋の住人の三白眼も怖いです。
わたし、は素敵な人でしたね。
恐喝されるシーンはハラハラしました。
原作を知らないので、どうなるんだ~~~ と手に汗。
マキシム=オリビエは意外と普通の人に見えました。
もちろん良い人でしたけど^^
シェークスピアや時代劇の印象が強すぎたせいでしょうか。
130分もあるのに、3作の中で短いのですか。
原作、近いうちに読みますね。

ああ、ジェレミーのレベッカが観たいです。猛烈に観たいです。
りえさんの所から辿った映像でも、オリビエさんより全然素晴らしい(個人的には)

幼稚園的な感想を並べてしまいました。すみません。
こんなコメントしかできませんが、よろしくお願いいたしますね


コメントありがとうございます♪ byたちたち
おお!ちびさんも『レベッカ』ご覧になったのですね~私も同じくらいの時に同じ『レベッカ』をみていました♪
それにしても破格値ですね(@o@)(閉店セールって品物が雑然としているような気がするのですが、)その中から『レベッカ』を見つけたちびさんはスゴイです!

そうなんです、この『レベッカ』が時間的には一番短いんです。
でも、テンポがよくって怖くってドキドキハラハラ、手に汗握ってあっという間に見てしまいますよね!私もそうでした(^^)
原作の前半はゆったり~とした展開ですよ。後半は映画よりドキドキしますよ!

今までもそうでしたが、これからどんどんネタバレしていきそうです(爆)すみません。

ジェレミーのマキシム、素晴らしいですよね♪私もちびさんに全面同意ですよ(^^)
そのうちしっかり取り上げます!

コメントを閉じる▲

2010.02.21

『レベッカ』鑑賞、その前に/作者について

映像化された『レベッカ』鑑賞に入る前に、もう少し調べ物。

“レベッカ”をウィキペディアで調べたらこんな文章が載っておりました。

レベッカはヘブライ語の女性人名 רִבְקָה (リベカ)の、ヨーロッパ諸言語形。
旧約聖書にも登場し、うっとりさせる者、魅惑する者、束縛する者という意味がある。
英語では Rebecca や Rebekah, ドイツ語では Rebekka, フランス語では Rébecca などと綴る。
英語のレベッカの愛称はBecky(ベッキー)。



おお~。レベッカという名前には「旧約聖書にも登場し、うっとりさせる者、魅惑する者、束縛する者という意味がある」のですか。
付けられるべくして付けられた題名ですね~
詳しい方には題名だけで何か感じるものがあるのでしょうね。



さて、「作者のダフネ・デュ・モーリアについて」「作品が書かれた時代」をちょっとだけ調べたので、記録しておこうと思います。


作品が書かれた時代について。
『レベッカ』は、書かれた当時の空気を封じ込めたかのような作品です。時代の空気を知っていた方がより深く楽しめると思い、調べてみました。ちょっとだけ調べたつもりが長くなってしまったので、次回にまわします。


ということで、まだ映像には辿りつかないのであった。。。
今日は、作者ダフネ・デュ・モーリアについてです。
COMMENT(0) | TRACKBACKS(0) | よむ/みる/きく | EDIT

2010.02.20

山岸凉子/『黒鳥 ブラック・スワン』

Tag [漫画]
大好きな漫画家、山岸凉子さん。人間の心理を繊細な絵で表現する漫画家さんです。


今の私がオススメするのは『黒鳥(ブラック・スワン)』。(白泉社文庫)

黒鳥

収録作品は以下の4編。

黒鳥 ブラック・スワン
貴船の道(きぶねのみち)
緘黙の底(しじまのそこ)
鬼子母神(きしもじん)

漫画だからと言って侮ってはいけません、非常に読み応えのある短編集です。
扱うテーマは恨み、嫉妬、不倫、児童虐待(近親相姦)など、非常に重いです。ハッピーエンド的終わり方ですが全体的に暗く寒々しています。

すごく重たい内容なんですが、
どんな人間の心にも白と黒の世界がある。自己の内的世界を見つめる事が気付きになる。そしてどんな経験であっても苦しみ迷いながら進んでいくことが未来に繋がっていく。
そんなことを感じさせる短編が揃っています。




私は山岸さんの、短編集を好んで集めています。
長編はいまのところ『日出処の天子』しかそろってないなあ。

山岸さんの漫画は、ちょっと(いやかなり)怖い。
何が怖いって、人間の業・人間の心の闇をこれでもか!とつきつけられるところ。得体の知れない不安がさらなる不安を呼び、緊張感が高まったところで一気に謎が解け視界が開けるストーリー。
謎が解けた時は興奮して?怖くて?よくわからないけど背中が寒くなるようなゾクゾク感を感じます。

初めて読んだ時はまだ青臭い子供だったから「怖い!」しか感じなかったけど、
いろいろあっていい年になって来た今、読み返すと「一番怖いのは生身の人間の“己の”心なんだなー」と感じます。
何度読んでも新しい発見がある。深い洞察力と鋭い感性で紡ぎだされる作品の一つ一つが素晴らしい。

オススメします~







今日読んでいて「おおお!」と思ったのが表題作の「黒鳥(ブラック・スワン)」。
ちょっとだけあらすじ。

***********************************
主人公マリアはバレエダンサー。
新作バレエの振付けに才能があり、天才と呼ばれる“ミスターB”ことジョージ・バランシン率いるアメリカのバレエ団に入団します。しかし、そのバレエ団でマリアはミスターBに古典物の『白鳥の湖』のオデット役ばかり踊らされます。

マリアは、自分はミスターBに気に入られていない、と自信をなくします。また、手足が長くミスターBの要求に応えられる技術を持った若手に引け目を感じ、インディアンの血が入っている自分の出生をどこか恥入ってもいます。

ミスターBは3人目の妻と別れた後、モンテカルロのバレエ団に監督として招かれ2年間不在に。
相変わらず『白鳥の湖』を踊っていたマリアは、モンテカルロから戻って来たばかりのミスターBに呼び出され、突然プロポーズされます。嫌われていると思ったマリアは混乱しますが…2人は結婚。
この時ミスターBは42歳、マリアは21歳でした。
***********************************

話はここからどんどん展開して行きます。



どうですか?
モンテカルロ、
突然のプロポーズ、
42歳と21歳の年の差結婚。


なんなのこの一致は??『レベッカ』を思い出しちゃったよ!

偶然??それとも???
COMMENT(0) | よむ/みる/きく | EDIT

2010.02.19

御礼

今日は皆様に御礼を申し上げます。

現在取り組んでいるレベッカですが、私にとって最大の難関がマキシムでした。
先日までの記事で、やっと一区切りがついたように感じています。

私にとってマキシムは高い壁でしたが、乗り切る事ができたのは皆さんに助けられたからです。
本当にありがとうございました。



なんでこんなに『レベッカ』に取り組んでいるのか。

一つは『レベッカ』が大変面白い作品だからです。
実をいうと私はこの『レべッカ』、数年前に一度読んだきりで、そんなに好きな作品ではありませんでした。
でも今回読んでみて、いろんな方向から読めるこの作品にすっかり魅了されてしまいました。


もう一つ、これが最大の目的。
ジェレミーのマキシムを見るため。

ジェレミーがどんなマキシムを演じているか知りたかったんです。

COMMENT(0) | 独り言 | EDIT

2010.02.18

『レベッカ』/マキシムについて(その3)

『レベッカ』のマキシムについて、3回目です。

『レベッカ』/マキシムについて(その1)
『レベッカ』/マキシムについて(その2)


その2で 怖いレベッカを考え、マキシムについても辛口な視点で考えてみました。
今回は、マキシムの気持ちになって考えてみます。

マキシムの気持ち、言い表すのがムズカシイ…(またか)。
それでも下手なりに説明を試みます…
毎度のことながら暴走。

完全にネタバレしております。
『レベッカ』を未読の方は、通り過ぎてくださいー。
COMMENT(0) | TRACKBACKS(0) | よむ/みる/きく | EDIT
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。