TOP > 2010年02月

2010年02月21日 の記事一覧

| |

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.21

『レベッカ』鑑賞、その前に/作者について

映像化された『レベッカ』鑑賞に入る前に、もう少し調べ物。

“レベッカ”をウィキペディアで調べたらこんな文章が載っておりました。

レベッカはヘブライ語の女性人名 רִבְקָה (リベカ)の、ヨーロッパ諸言語形。
旧約聖書にも登場し、うっとりさせる者、魅惑する者、束縛する者という意味がある。
英語では Rebecca や Rebekah, ドイツ語では Rebekka, フランス語では Rébecca などと綴る。
英語のレベッカの愛称はBecky(ベッキー)。



おお~。レベッカという名前には「旧約聖書にも登場し、うっとりさせる者、魅惑する者、束縛する者という意味がある」のですか。
付けられるべくして付けられた題名ですね~
詳しい方には題名だけで何か感じるものがあるのでしょうね。



さて、「作者のダフネ・デュ・モーリアについて」「作品が書かれた時代」をちょっとだけ調べたので、記録しておこうと思います。


作品が書かれた時代について。
『レベッカ』は、書かれた当時の空気を封じ込めたかのような作品です。時代の空気を知っていた方がより深く楽しめると思い、調べてみました。ちょっとだけ調べたつもりが長くなってしまったので、次回にまわします。


ということで、まだ映像には辿りつかないのであった。。。
今日は、作者ダフネ・デュ・モーリアについてです。
スポンサーサイト
COMMENT(0) | TRACKBACKS(0) | よむ/みる/きく | EDIT
«PREV | PAGE TOP |  NEXT»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。