TOP > スポンサー広告 > ワイルド/ドリアン・グレイの肖像を読みはじめた
TOP > よむ/みる/きく > ワイルド/ドリアン・グレイの肖像を読みはじめた

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.06

ワイルド/ドリアン・グレイの肖像を読みはじめた

オスカー・ワイルド作「ドリアン・グレイの肖像」を読み始めました。

「ドリアン・グレイの肖像 」(オスカー・ワイルド著、福田恒存翻訳、新潮文庫)

これまでに2度映画化され、TVでも何度もドラマ化されている。
今年も映画化されたみたいですね。

ジェレミーはこの「ドリアン・グレイの肖像」のTVドラマ化にあたり、2度出演しています。










1961年、ドリアン・グレイ役として。
JBbkDorianGray.jpg

なんてブリリアントなジェレミー☆

1963年に放映とも言われ、この作品で「最も有望なテレビ俳優」に選ばれている。
63年が正しいのかな?


同じくらいの出演作品としては1964年の「マイ・フェア・レディ」。



1976年、画家バジル役として。43歳のジェレミー。
dg2.jpg



なんてワイルドなんだジェレミー。ホレボレ
右側です、念のため。
髪がカーリーなジェレミーってなかなかお目にかからない。


この度、2度目に出演したDVDをやっと入手。
が、字幕ないから内容がわからない。
内容わからないとジェレミー見るだけで終わってしまう。


やっぱりちゃんと筋がわかって見た方がいいに決まっているので、本も買った。




文庫の裏表紙に載っているあらすじ:
「舞台はロンドンのサロンと阿片窟。美貌の青年モデル、ドリアンは快楽主義者ヘンリー卿の感化で背徳の生活を享楽するが、彼の重ねる罪悪はすべてその肖像に現われ、いつしか醜い姿に変り果て、慚愧と焦燥に耐えかねた彼は」

ってまだ続くんですが、
結末まで書いてあるから要注意。

まだ最初の方しか読んでいないけど、ヘンリー卿、ダークだ・・・。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。