TOP > スポンサー広告 > 鑑賞その1/ドリアン・グレイの肖像(1976)
TOP > Jeremy Brett 関連 > 鑑賞その1/ドリアン・グレイの肖像(1976)

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.13

鑑賞その1/ドリアン・グレイの肖像(1976)

さて感想も書いたし、DVD鑑賞記を綴りますー
見たDVDはこちらです。
Oscar Wilde Collection (2pc) [DVD] [Import] (2002)

BBC Play of the Month-The Picture of Dorian Gray

ホームズシリーズの、約10年前の作品。



DVDはかなり楽しめました。

省略が多く展開が非常に速いのでせわしない印象もあるけれども、おおむね原作どおりでした。

原作を読んでから見たほうが、より楽しめるとおもいます。

原作をご覧になっていない方は、こちらにあらすじを書いておきました。稚拙ですが・・・


個人的な感想はこちらです。

では、鑑賞記。
舞台はロンドン。冒頭は原作と同じくバジルのアトリエから。
もっと花が咲き乱れている庭を想像していましたが、ちょっと寂しい感じでした…

ヘンリー卿とは原作通り「ハリー」「バジル」と呼び合っています。


ジェレミーは髪がもしゃもしゃです。もみあげに口髭に無精ひげ。

カーキ色のノーカラーのシャツ。ボタンを大胆にはずしてみぞおちの下あたりまであいてます。
クラシックなパフスリーブの長袖をまくり上げ、チョコレート色のズボンに白いサスペンダー。
左の腰にスカーフもつけています。指には金色の指輪が。


ジェレミー、ホームズの時と全然違ってとってもラフでワイルドな感じです。



まもなく完成しそうな絵を見てバジルはほほ笑むのですが、それがまたとっても柔らかな表情



この作品には、ジェレミーのやわらかなほほえみを随所で見ることができるんです。
もうこれだけで、このDVDは買いです。





ヘンリー卿の話を聞きながら、腕を組んで「フフッ」と笑いをこらえるジェレミー。
ホームズの時の「フフッ」と違うんですよー

か、かっこいいです・・・



このあとバジルは「絵を公開したくない理由」をヘンリー卿に話してしまいます。
そしてバジルはヘンリー卿のドリアンへの悪影響を危惧して「会ってもらいたくない」とまで
言うのですが…



直後にドリアンが真っ白な衣装で登場。

美しいというより、かわいい感じのドリアンです。イメージとちょっと違ったけど。
でも可憐でいい感じです。にこにこ素直な笑顔です。


ここでバジルを見てみると…ドリアンをじっと見つめています。
「ドリアンキター♪」みたいな。



ヘンリー卿は絵のモデルをするドリアンに「グレイさん」と呼びかけ、青春がいかに短いか、若いうちに快楽を楽しむべきだと話します。
ヘンリー卿の話を聞いたドリアンの中にある変化がおき始めます。
バジルはそうした話が耳に入らないほど集中して絵に打ち込みます。

そして肖像画は完成。



自分の肖像画を見て喜ぶどころか泣きだしてしまうドリアン。
バジルは驚いてドリアンの元に駆け寄ります。
椅子に腰を落とし泣くドリアンに、バジルは目線を合わせようと自然に跪いています。
私はジェレミーのうしろ姿に目がないのでこういう画面をキャプチャしてしまう。
driangrayJB4.jpg


バジルはドリアンを心配します。今までこんなことを言うドリアンではなかったのに。
ヘンリー卿が何か言ったに違いない。「ハリー、これは君のせいだぞ!」
怒りをあらわにするバジル。



ドリアンとヘンリー卿が行ってしまい、バジルは不安げな表情を浮かべます。
しかし気持ちを切り替え仕事に取りかかります。

ドリアンの肖像画を見つめるそのまなざしは…
driangrayJB6.jpg
とっても優しいのです。
バジルは変わっていくドリアンのことを思って心を痛めつつも、ドリアンに対する思いは変わらず持ち続けます。





この作品ではジェレミーのこういった慈愛に満ちた表情があちこちに出てきます。
ホームズの時はキリッとした鋭い目をしています。ほんとに全然違うんです。



ジェレミーの優しいまなざしを見てみたい方は、必見です。



ジェレミーは普段(紳士を演じている時)は動きや話し方がとてもスマートですよね。
でもこのバジルを演じている時は動きも話し方もヘンリー卿と比べると紳士っぽくありません(比べると、です)。
社交界馴れしていない不器用な画家を演じていると私は思います。

話し方もホームズの時と違います。ホームズを演じている時は声のトーンが高くキレのある口調ですが、
バジルを演じている時は比べると柔らかく落ち着いた感じです。

ジェレミーの表情や声でバジルがどんな気持か、よくわかります。





しかしこのアトリエでのジェレミー、はだけすぎだよシャツ…
実際にご覧になるとわかりますが、悩殺されます確実に。






ジェレミーのはだけた胸元を見たい方はぜひDVDで(馬鹿)



長くなってしまったのでその2に続く。
スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。