TOP > スポンサー広告 > 水木しげる「神秘家列伝」
TOP > よむ/みる/きく > 水木しげる「神秘家列伝」

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.28

水木しげる「神秘家列伝」

神秘家列伝 (角川ソフィア文庫)




ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるさんが国内外の「神秘家」を取り上げた漫画です。

其ノ壱~其ノ四まで出ているうち、其ノ弐でコナン・ドイルを取り上げています。
表紙は妖精をバックに、鼻息も荒いドイル氏です。

コナン・ドイルの一生が水木さんの筆で描かれます。
ホームズ&ワトスンの生みの親:作家としてよりも、神秘的なものを信じ心霊研究家として生きたドイルに焦点を当てています。

降霊会の様子や妖精の写真が出てきて、怪しげな雰囲気が漂う画面。なのに擬音が

「ビビビビビン」
「ゴニョゴニョゴニョゴニョ」
「ポアー」

といった具合で深刻すぎないのがいい。
途中水木さんご本人が登場して解説してくださったりします。
飽きることなく楽しんで読めます。



ドイルのほかには安倍晴明、長南年恵、宮武外骨といった神秘家(もしくは奇人?)の列伝が収録されています。
どれも興味深くて面白い!です。


この方の作品を読んでいると、説明のできない「何か」は実際に存在しているのかも?と思ってしまう。
不思議なことがあっても、変わった人がいても、すんなり受け入れられるようになってしまう。
それが水木ワールド。


水木さんの「異」なもの・者へ向けるまなざしは愛情に溢れています。
怖い・不思議。だから好き。

スポンサーサイト

COMMENT

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK

トラックバックURL:
    (copyボタンはIEのみ有効です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。