TOP > スポンサー広告 > 知っているホームズは
TOP > 独り言 > 知っているホームズは

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.12.03

知っているホームズは

シャーロック・ホームズに対する子供の頃のイメージは、人間ではなく犬のホームズでした。





大好きだったなー。
DVDは、思ったよりお安くないのですね(苦笑)
再放送があったらまた見たい。




ホームズは何度読んでもわくわくする。
持っているのは延原 謙訳の新潮文庫、阿部 知二訳の創元推理文庫。
翻訳する人によって少ーし訳が違うのが面白い。
といっても気になったところだけちょこちょこ見るって感じで、
精査しているわけではありません。
あとこちら。





「講談社スーパー文庫」と銘打ってあるけど、決して文庫サイズではなく、枕並み・・・
パジェットの挿絵が入っているのがいい。ただ訳者が完訳前に亡くなってしまったらしく、全部の作品が載っているわけではない。うむむ残念。


飽き足らずに原文とシドニー・パジェットの挿絵を全部見たくて、こんなのも。
Sherlock Holmes: The Complete Stories With Illustrations from the Strand Magazine






ストランドマガジン掲載当時の復元。ペーパーバック。
上のスーパー文庫より軽いw

紙質はよくはないし、挿絵もボヤボヤっとしている。勿論注釈なし。
でも雰囲気は好きだ(笑)
それにこれ1冊で全部揃っちゃうから、とってもお買い得だ。

これも枕にできそうな大きさ。




で、やっぱりホームズといえば…ジェレミー・ブレット!
ジェレミー大好きだー


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。