TOP > よむ/みる/きく

カテゴリ:よむ/みる/きく の記事一覧

--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.02.21

『レベッカ』鑑賞、その前に/作者について

映像化された『レベッカ』鑑賞に入る前に、もう少し調べ物。

“レベッカ”をウィキペディアで調べたらこんな文章が載っておりました。

レベッカはヘブライ語の女性人名 רִבְקָה (リベカ)の、ヨーロッパ諸言語形。
旧約聖書にも登場し、うっとりさせる者、魅惑する者、束縛する者という意味がある。
英語では Rebecca や Rebekah, ドイツ語では Rebekka, フランス語では Rébecca などと綴る。
英語のレベッカの愛称はBecky(ベッキー)。



おお~。レベッカという名前には「旧約聖書にも登場し、うっとりさせる者、魅惑する者、束縛する者という意味がある」のですか。
付けられるべくして付けられた題名ですね~
詳しい方には題名だけで何か感じるものがあるのでしょうね。



さて、「作者のダフネ・デュ・モーリアについて」「作品が書かれた時代」をちょっとだけ調べたので、記録しておこうと思います。


作品が書かれた時代について。
『レベッカ』は、書かれた当時の空気を封じ込めたかのような作品です。時代の空気を知っていた方がより深く楽しめると思い、調べてみました。ちょっとだけ調べたつもりが長くなってしまったので、次回にまわします。


ということで、まだ映像には辿りつかないのであった。。。
今日は、作者ダフネ・デュ・モーリアについてです。
COMMENT(0) | TRACKBACKS(0) | よむ/みる/きく | EDIT

2010.02.20

山岸凉子/『黒鳥 ブラック・スワン』

Tag [漫画]
大好きな漫画家、山岸凉子さん。人間の心理を繊細な絵で表現する漫画家さんです。


今の私がオススメするのは『黒鳥(ブラック・スワン)』。(白泉社文庫)

黒鳥

収録作品は以下の4編。

黒鳥 ブラック・スワン
貴船の道(きぶねのみち)
緘黙の底(しじまのそこ)
鬼子母神(きしもじん)

漫画だからと言って侮ってはいけません、非常に読み応えのある短編集です。
扱うテーマは恨み、嫉妬、不倫、児童虐待(近親相姦)など、非常に重いです。ハッピーエンド的終わり方ですが全体的に暗く寒々しています。

すごく重たい内容なんですが、
どんな人間の心にも白と黒の世界がある。自己の内的世界を見つめる事が気付きになる。そしてどんな経験であっても苦しみ迷いながら進んでいくことが未来に繋がっていく。
そんなことを感じさせる短編が揃っています。




私は山岸さんの、短編集を好んで集めています。
長編はいまのところ『日出処の天子』しかそろってないなあ。

山岸さんの漫画は、ちょっと(いやかなり)怖い。
何が怖いって、人間の業・人間の心の闇をこれでもか!とつきつけられるところ。得体の知れない不安がさらなる不安を呼び、緊張感が高まったところで一気に謎が解け視界が開けるストーリー。
謎が解けた時は興奮して?怖くて?よくわからないけど背中が寒くなるようなゾクゾク感を感じます。

初めて読んだ時はまだ青臭い子供だったから「怖い!」しか感じなかったけど、
いろいろあっていい年になって来た今、読み返すと「一番怖いのは生身の人間の“己の”心なんだなー」と感じます。
何度読んでも新しい発見がある。深い洞察力と鋭い感性で紡ぎだされる作品の一つ一つが素晴らしい。

オススメします~







今日読んでいて「おおお!」と思ったのが表題作の「黒鳥(ブラック・スワン)」。
ちょっとだけあらすじ。

***********************************
主人公マリアはバレエダンサー。
新作バレエの振付けに才能があり、天才と呼ばれる“ミスターB”ことジョージ・バランシン率いるアメリカのバレエ団に入団します。しかし、そのバレエ団でマリアはミスターBに古典物の『白鳥の湖』のオデット役ばかり踊らされます。

マリアは、自分はミスターBに気に入られていない、と自信をなくします。また、手足が長くミスターBの要求に応えられる技術を持った若手に引け目を感じ、インディアンの血が入っている自分の出生をどこか恥入ってもいます。

ミスターBは3人目の妻と別れた後、モンテカルロのバレエ団に監督として招かれ2年間不在に。
相変わらず『白鳥の湖』を踊っていたマリアは、モンテカルロから戻って来たばかりのミスターBに呼び出され、突然プロポーズされます。嫌われていると思ったマリアは混乱しますが…2人は結婚。
この時ミスターBは42歳、マリアは21歳でした。
***********************************

話はここからどんどん展開して行きます。



どうですか?
モンテカルロ、
突然のプロポーズ、
42歳と21歳の年の差結婚。


なんなのこの一致は??『レベッカ』を思い出しちゃったよ!

偶然??それとも???
COMMENT(0) | よむ/みる/きく | EDIT

2010.02.18

『レベッカ』/マキシムについて(その3)

『レベッカ』のマキシムについて、3回目です。

『レベッカ』/マキシムについて(その1)
『レベッカ』/マキシムについて(その2)


その2で 怖いレベッカを考え、マキシムについても辛口な視点で考えてみました。
今回は、マキシムの気持ちになって考えてみます。

マキシムの気持ち、言い表すのがムズカシイ…(またか)。
それでも下手なりに説明を試みます…
毎度のことながら暴走。

完全にネタバレしております。
『レベッカ』を未読の方は、通り過ぎてくださいー。
COMMENT(0) | TRACKBACKS(0) | よむ/みる/きく | EDIT

2010.02.16

『レベッカ』/マキシムについて(その2)

前回に続き、『レベッカ』のマキシムについてです。

『レベッカ』/マキシムについて(その1)

まずお詫びします。
前回、分かりにくい記事をアップしてすみませんでした。


マキシムはあまりにも複雑すぎて、私は混乱しました。同情したり、イライラしたり、気の毒になったり、いろいろな思いが頭の中で絡まって、全く考えがまとまりませんでした。前回の記事でデータを書き出してみましたが、なんだか中途半端で個人的には失敗です。

でも私の暴走思考の過程、として残しておこうと思います。


マキシムの事を考える作業は大変興味深いのですが、簡単ではなく…私の場合消耗します。
マキシムは重い過去と秘密を抱えている人ですから、こっちまで重い気分になるんです。油断しているとマキシムの苦悩の中に落っこちます。
落ち込んでは気晴らしをし、近づいたり離れたり、ぐるぐる考えていました。
なかなか考えがまとまらず悶々としていましたが、今回は中途半端で終わらせるのが嫌だったので粘ってみました。
やっとこさ、なんとか煮詰まってきました。



煮詰まってきたといっても、いつもの暴走です。だらだらしてます。
ゆるーく読んでいただければ幸いです。


だらだらですが、完全にネタバレしております。
『レベッカ』を未読の方は、通り過ぎてくださいー。

COMMENT(0) | TRACKBACKS(0) | よむ/みる/きく | EDIT

2010.02.07

『レベッカ』/マキシムについて(その1)

今回は『レベッカ』を読んで感じたマキシムの印象について。




微妙にネタバレしています。
『レベッカ』未読の方は、原作を読んだほうがわかりやすいかと思います。


 
 人それぞれ感じるマキシム像があると思いますので、ゆるく読んでいただければ幸いです。
COMMENT(0) | TRACKBACKS(0) | よむ/みる/きく | EDIT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。